まさに天国

山口県の東部に位置する下松市(くだまつし)にある笠戸島(かさどじま)をご存知でしょうか?
島の入口から尻尾まで、いくつものシングルトラックが走る、まさにトレイルランナーにとっての天国のような島。春には「くだまつ笠戸島アイランドトレイル」というトレイルランの大会も開催されています。
トレイルへの入口を守る恐竜

トレイルへの入口を守る恐竜

おいしいとこだけ

今回はそんな笠戸島の美味しいところだけを走る10kmのコースをご紹介します。コース中には看板も設置されているので、迷う心配も少ないく、トレイルランニングが初めての方にも挑戦してもらいやすいコースです。
10kmだと走り足りない!という方には「くだまつ笠戸島アイランドトレイル」のショートコースとロングコースがおすすめ。HPにコース図も公開されています。
10kmコース図

10kmコース図

みどころ3つ

① 笠戸島家族旅行村からの笠戸湾

国民宿舎 大城を出発して笠戸島家族旅行村を登っていくと、笠戸湾が一望できる絶景ポイントが現れます。
出発して1kmちょっとでたどり着ける場所ですが、背景が海の中を走っている写真が撮れる絶好の写真ポイント!背景が綺麗なので、大会の公式写真もこの辺りで撮られているものが沢山あります。ここからあと少し登れば、今度は下りが続きますし、装備の調整がてらぜひ立ち止まってみてください。
笠戸湾を一望

笠戸湾を一望

② 海沿いの快走トレイル

他の場所には無い、笠戸島だけの特徴は海沿いのシングルトラックを走れること。
アップダウンもあまり無い海沿いのトレイルは、スピード感もあって最高に楽しいシングルトラック。ここを走ると思わずにやけてしまいます!もう説明の必要なし、走ってみれば納得してもらえるはず。
海沿いのトレイル

海沿いのトレイル

③ 笠戸島のボス「スカイ1号」

みどころに入れて良いか迷ってしまいますが、ここを外すと怒りだす「スカイ1号」ファンがたくさんいるはず!
笠戸島には「スカイ1号」という、強そうな名前の急登があります。綺麗なところをたくさん走って、お腹いっぱいな頃にラスボスの様に出てくる「スカイ1号」。ここを登り切った後の達成感は最高です。
頂上付近には天狗岩という絶景ポイントもあるので、それを楽しみに一歩ずつ登ってみましょう!
天狗岩からの眺望

天狗岩からの眺望

一言でまとめると

笠戸島のトレイルを一言でまとめると、走りやすくて海も山も楽しめる絶景・快走コース。
ヤシの木がたくさん植えられているからか、気候も温暖で真冬でもほとんど雪が積もることはありません。一年中楽しめる常夏トレイルへぜひお越しください。

コースの拠点となるのは2016年11月に建て替えられてリニューアルオープンした「国民宿舎 大城」。
山陽自動車道の徳山東ICから13kmと近く、駐車場もたくさん。宿泊や食事はもちろん、午前11時から午後8時までは日帰り入浴も可能、走り終わってすぐに汗を流すことができます。瀬戸内海を一望できる露天風呂は最高です。

関連する記事

関連するキーワード

著者