スズメバチの危険性

ススメバチの中には、非常に攻撃性の高い種類がおり、アレルギー性のショック(いわゆるアナフィラキシーショック)が起きると、激しい全身症状が現れ、場合によっては命を落とすことがあります。

スズメバチは9月~10月にかけて巣が成長し、とても攻撃的になります
巣があるのに気付かず、不用意に近づくと蜂の大群に集中攻撃をされることになります。
スズメバチに刺されて死亡する人は、年間平均で30~40人にものぼります。

トレイルランニング中に巣の近くを通過して襲われるケースが多く、またハイカーに比べて肌の露出が多いため被害が大きくなる傾向にあります。
【年間死亡者数】スズメバチは、動物由来の死亡事故原因No.1

【年間死亡者数】スズメバチは、動物由来の死亡事故原因No.1

顔も怖すぎ!!!

顔も怖すぎ!!!

命を守るために必要なことは「予防」と「対策」

スズメバチの恐ろしさは、最初に攻撃をしてきたスズメバチが「警報フェロモン」を出して、他のスズメバチを呼ぶことです。警報フェロモンで興奮した仲間のスズメバチがすぐに集団で襲ってくるので、一度刺されると次から次へと集団で襲われ、逃れられなくなり、救助も困難な状態になります。
命を守るためには以下のふたつがポイントとなります。

①事前になるだけ危険に遭遇しないよう予防策を取る
②襲われてしまっても速やかかつ安全にスズメバチから逃れることができるよう対策をしておく

スズメバチが嫌う香りで、攻撃性をなくす方法を発見!

「スズメバチサラバ」は、スズメバチが嫌う香り成分を元に開発された「忌避剤」スプレー。
シュッと一拭きするだけで、瞬時にハチは攻撃本能をなくし、慌てて逃げていきます。
有効距離は4mなので、広い範囲にかけることができます。

スズメバチサラバの効力(VS キイロスズメバチ)

何も処理していない黒球にはたくさんのスズメバチが寄ってきています。 一方、忌避剤「スズメバチサラバ」をかけた黒球に近づいたスズメバチは黒球を避けるばかりか、慌てて逃げていきます。
また忌避剤「スズメバチサラバ」に使われている有効成分は、香料や食品添加物として幅広く使われているもので、人体に対して安全です。

スズメバチサラバの使い方

①スズメバチを見かけたり、羽音が聞こえてきた時に

スズメバチのいる方向、または羽音が聞こえた方向に向かってシュッとスプレーした後、スプレーをした逆の方向にゆっくりと退避してください(スズメバチは急に動く対象物に反応するため)。
スズメバチは攻撃性をなくし、逃げていきます。
 (103)

②万が一刺されてしまった時に

刺されている人とその周囲に向かって十分な量を噴霧し、ハチがいなくなったことを確認した後、救助してください。仲間のスズメバチによる二次攻撃を防止できます。
 (110)

ザックの胸ポケットに入るコンパクトサイズ

スズメバチサラバにはコンパクトな100mlサイズがあります。
ザックのポケットなど取り出しやすい場所に入れておけば、いざという時にすぐに使用することができます。
 (285)

商品情報

スズメバチサラバ - DISTANCE STORE

1,620

・300ml容(53mmφ*235mm)のスズメバチ用忌避スプレー剤
・花の香りで、アシナガバチ類を含む全てのスズメバチ科ハチの攻撃性を消失させます。
・即効性の忌避効果を示します。ただし、スズメバチを殺しません。
・ミツバチには影響がほぼありません。
・学校、病院、消防署、国の研究機関を含む官公庁、養蜂農家、スズメバチ駆除業者での採用実績多数あり。

関連する記事

関連するキーワード

著者