アルティメイトディレクションの2大ベストセラー・トレラン用ザック「マウンテンベスト4.0」「ウルトラベスト4.0」は見た目が似ていることもあり「何がどう違うの?」と疑問を感じるトレイルランナーも多い商品です。
今回は「マウンテンベスト4.0」と「ウルトラベスト4.0」を徹底的に比較し、機能や特徴をまとめました。

元祖ハイドレーションパックブランド、アルティメイトディレクション

1985年に誕生したアルティメイトディレクション(ULTIMATE DIRECTION)はハイドレーションパックというカテゴリーを発明した元祖ハイドレーションブランド。

スコット・ジュレクをはじめ世界的なトレイルランナーが商品開発に関わっている元祖ハイドレーションブランドだけあってザックの機能性は高いです。

特にアルティメイトディレクションの製品は総じて細かいポケットが多く、整理力に優れていることが特徴です。

●ポケットが多く収納力&整理力に優れている
●フィット感が高い
●軽い

とトレラン用ザックに求められる機能をしっかりと抑えています。

トレイルランニングレースに出場すれば着用率もトップレベルのブランド。
今回ご紹介する2つの商品も国内トレイルランニングレースでも見かけることが多い商品です。
細かな収納ポケットがアルティメイトディレクションのザッ...

細かな収納ポケットがアルティメイトディレクションのザックの魅力

ロングセラーモデル「マウンテンベスト4.0」と「ウルトラベスト4.0」とは?

それぞれの価格や容量をまとめると以下です。

「マウンテンベスト4.0」

価格 21,000円(税抜)
容量 13.27L
重さ 262g
付属 500mlソフトフラスク2本

「ウルトラベスト4.0」

価格 18,000円(税抜)
容量 10.32L
重さ 206g
付属 500mlソフトフラスク2本
見た目の印象もさることながら、価格や容量も非常に似ている商品ですね。
アルティメイトディレクション独自のコンフォートシンチシステム

アルティメイトディレクション独自のコンフォートシンチシステム

「マウンテンベスト4.0」と「ウルトラベスト4.0」の共通する3つの特徴

2つの商品に共通した機能をまとめると以下の3つです。
コードを引き込むことでフィット感が向上する

コードを引き込むことでフィット感が向上する

フィット感を向上させるコンフォートシンチシステム

コンフォートシンチシステムはザックのフィット感を高めるアルティメイトディレクション独自の機能です。
従来の様に脇の下でサイズ調整するのではなく、背面で調整することによってより快適になり、サイジングと安定性が改善されるようになりました。
背面にあるコードを引き込むだけで簡単に調整できるのも嬉しいですね。

特にトレイルランニングレースにおいては出場するレースの距離によって荷物の量も大きく変わります。

●荷物が多い時はフィットするけど荷物が少ない時はサイズ調整のパーツが身体に当たって痛い
●レインジャケットなど重ね着をするとフィット感が変わってしまう

といったことが起きにくいのがコンフォートシンチシステムのポイントです。
フロント部分ポケットの収納力と整理力が魅力

フロント部分ポケットの収納力と整理力が魅力

フロント部分の収納力&整理力

アルティメイトディレクションの製品は世界的なプロトレイルランナーが開発に関わっていることもあり、細かい配慮が行き渡った収納ポケットが特徴です。
フタ付き&ジッパー付きポケットが多いことが嬉しいポイント。
サプリメントや錠剤、エナジージェルのゴミなどは気をつけていても落としてしまうことも少なくありません。

特にフロント部分の収納力と整理力が優れています。
そのため、ザックを下ろして荷物を取り出すことを極力減らすことができ、レース中に走りながらエナジージェルなどを補給しやすくなっています。

私はフロント部分の収納には下記のアイテムを収納しています。

●ソフトフラスク
●エナジージェル
●BCAA、芍薬甘草湯、リカバリー系サプリメント
●MCTオイル(中鎖脂肪酸油)
●スマートフォン
●エイド用コップ


ヘッドライトやレインジャケット、マップなど取り出し頻度が少ないアイテムは背面のメインコンパートメントに入れています。
500mlソフトフラスク2本(=8,000円)が付属

500mlソフトフラスク2本(=8,000円)が付属

500mlソフトフラスクが2本付属

アルティメイトディレクションのザックは500mlサイズのソフトフラスクが2本付属しています。

500mlサイズのソフトフラスク(Body Bottle500)は1本4,000円(税抜)なので、2本で8,000円と決して安くありません。ソフトフラスクが付属されているのは非常に嬉しいですね。

ソフトフラスクは各ブランドで飲み口の形状やボトルの大きさが異なるのですが、アルティメイトディレクションのものは下記の特徴があります。

●飲み口を引っ張ってロックを解除するのでこぼれにくい
●ボトルが透明なので中身が分かりやすい
●長過ぎないのでフロント部分でボトルが揺れにくい


私はすでにアルティメイトディレクションのソフトフラスクを4年以上使っています。消耗品ではありますが、いまだ現役で長持ちしています。
背面の容量が大きい「マウンテンベスト4.0」

背面の容量が大きい「マウンテンベスト4.0」

「マウンテンベスト4.0」

次は「マウンテンベスト4.0」独自の特徴をまとめていきます。

フロント部分のポケット数

パッと見た雰囲気は「ウルトラベスト4.0」と大差ないのですが、「マウンテンベスト4.0」の方がポケットが1つ多く配置されています。
具体的な場所は左胸ポケットのボトルホルダー部分の外付ポケットです。

私はトレイルランニングレースに出場する際には必ず、リカバリーサプリメント・MAGMAアスリートバーリィ攣り防止の漢方・芍薬甘草湯を携行しています。
この2つは細長いスティック状の袋に入ったパウダー状のため、エナジージェルなどと同じ収納ポケットに入れておくと誤って落としてしまうことも少なくありません。

ボトルホルダー部分の外付けにピッタリと収まるので落とすこともありませんし残数も確認しやすいのがポイントです。
スマホも収納できる脇下のシッパー付ポケット

スマホも収納できる脇下のシッパー付ポケット

脇下のジッパー付き収納ポケット2つ

これが「マウンテンベスト4.0」と「ウルトラベスト4.0」の大きな違いの一つなのですが、「マウンテンベスト4.0」は両脇下にジッパー付ポケットがあります。
脇下にポケットがあるとフロント部分の整理力がアップするので非常に評価が高いポイントです。

このポケットにはエナジージェルやエイド用のカップを収納できますし、ジッパー付きなのでカギなどの貴重品を入れることもできます。
メインコンパートメントにはジッパー付の内ポケットあり

メインコンパートメントにはジッパー付の内ポケットあり

メインコンパートメントの容量

「マウンテンベスト4.0」の容量は13.27L。100マイルレースの必携品も収まる収納力があります。
荷物が少ない場合はバンジーコードを絞れば荷物が揺れにくくなるので大き過ぎて困るという心配もありません。大は小を兼ねます

個人的には日帰りラントリップができることが評価の高いポイントです。
ティーシャツなどの着替えも十分に収納できるので、ロードやトレイルを数十キロ走って、美味しいランチを食べ、温泉で汗を流し、着替え、帰りは電車で帰るといったラントリップも楽しむことができます。

ザックはトレイルランニング製品の中でも値段が高く、長く使い続けるギアなので、汎用性の高さは重要ですね。
背面の収納がすっきりしたウルトラベスト4.0

背面の収納がすっきりしたウルトラベスト4.0

「ウルトラベスト4.0」

次は「ウルトラベスト4.0」独自の特徴をまとめていきます。

「ウルトラベスト4.0」は「マウンテンベスト4.0」に比べて少し小さめの容量10.32L。とはいうものの、100マイルレースにも十分に対応できる収納力はあります。

私は初めて購入したトレラン用ザックが「ウルトラベスト4.0」の旧作:SJ ウルトラベスト3.0(8.5L)でした(SJはスコット・ジュレクのイニシャル)。
フィット感が高く、軽く、整理力も高いザックで長年愛用していました。

「ウルトラベスト4.0」は「SJ ウルトラベスト3.0」の機能を踏襲しながら更にアップデートされ機能性が高まったザックです。
フロント部分の収納力や整理力の向上、メインコンパートメントがジッパー付きになるなど大幅に改善されています。
下部にはジッパー付ポケットが付き、ザックを降ろさずに荷...

下部にはジッパー付ポケットが付き、ザックを降ろさずに荷物を取り出しできる

デッドスペースが生まれやすいメインコンパートメント下部はダブル収納

メインコンパートメントの荷物をどううまく収めるかはランニング中の快適さにも繋がります。
どうしてもメインコンパートメントの下部はデッドスペースが生まれやすく、ザック全体の重心が高くなってしまいがち。
「ウルトラベスト4.0」はメインコンパートメント下部にジッパー付きポケットがあり、ダブルで収納できるようになっているのが特徴です。

ここにはヘッドライトやウィダインゼリーサイズのゼリーなどが収納できるので、体積の割に重い補給食やギアを入れるのに最適です。
いずれもチェストストラップの位置変更ができるが「マウン...

いずれもチェストストラップの位置変更ができるが「マウンテンベスト4.0」は上下移動式(右)、「ウルトラベスト4.0」は引っ掛け式(左)

まとめ:整理力と容量重視なら「マウンテンベスト4.0」、メインコンパートメントの容量が要らないなら「ウルトラベスト4.0」

「マウンテンベスト4.0」と「ウルトラベスト4.0」の共通する特徴と独自の特徴をまとめました。

パッと見が似ており、その違いが気になる2つの商品ですが、基本的にはベースとなるザックのデザインや機能性は同じで収納面に細かい違いがあります

●マウンテンベスト4.0:整理力と容量を重視したいランナー向け

●ウルトラベスト4.0:メインコンパートメントの容量が要らないランナー向け

今回の記事でそれぞれの特徴を比較したので、「マウンテンベスト4.0」か「ウルトラベスト4.0」で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

関連する記事

関連するキーワード

著者